『元ロビイストからの大海嘯(かいしょう)警告』

第08号『地震と死臭』

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●    ◆◇◆◇元ロビイストからの大海嘯(かいしょう)警告◇◆◇◆   〜人類文明にとって大きな転換期である今、この時を、生き抜く〜                - 第08号 -               令和元年6月19日 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。          一切の無断転載・無断引用を禁ず。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●           ◇◆◇◆ 地震と死臭 ◆◇◆◇ ◆ 漂える死臭  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ……耐え難い死臭が漂っている。 昨日は京都からドブのような臭いが立ち込め、「大きな地震が来るのでしょ うね」と親子間にて話した所だった。 奇しくも、ブロック塀倒壊にて小学生女児が亡くなった大阪北部地震から、 丁度一年である。まさにその日、10年近く地震が一度も発生しなかった地域 にていきなりM7弱の地震が起きた。 本来、東京や関西にて起きてもおかしくない程の地震エネルギーが、新潟へ ワープしたとしか思えない。専門家云々、プレート云々の話はどうでもいい。 言うまでもなく、日本列島は全て繋がっている。本来東京を襲う予定だった 大地震にはまだ本の少し時期が早い為、日本海側にてガス抜きをしたのだ。 ◆ 疫病の片棒  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ さて、本日より丁度1週間前、安倍首相はイランを訪問した。 イラン危機回避の仲裁を果たす所か、日本のタンカーが攻撃され、戦争勃発 への王手をかけようとするアメリカにより、体良くも口実作りの片棒を担が され、ポチ以下の扱いを受けた。安倍氏の愚かな判断により、日本の威信は 大きく卑しめられた。 イランにとっても、安倍氏は疫病以外の何者でもない。 実力もないのにしゃしゃり出て、かつての私の真似にもならない真似事をし、 当然ながら大失敗に終わったイラン訪問……。イランより帰国後、安倍氏は メディア各種に圧力をかけ、この大失態の隠蔽を図った。 対して、主要海外メディアはタンカー襲撃事件をイラン危機と名打ち、連日 トップニュースにて伝えている。 イラン対イスラエルの構図となることは容易に想像していたが、アメリカが 全面的にイラン攻撃の先陣を切ろうとしている現状から判断するに、同国が 国の存在を賭けて、ハルマゲドンを起こさせざるを得なくなるほど、世界は 死臭立ち込める最終段階へと突入したのだと、認識せざるを得ない。 ◆ 愚民と大海嘯  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 大衆は愚民である。 建設的かつ清浄な良い世の中へ繋がる動きに対しては、自分達の居所がいな くなるからであろう……極めて否定的であり、それを全力で邪魔する。 この愚民共は、人の成長を妨げたり幸せを邪魔することにかけては意識的・ 無意識的を問わず『天才』である。超能力者なのではないかと思われるほど 瞬時に、人にとって最も嫌なことを思いつき、即座に判断を下し、人と世の 中の成長を妨害をする。 だが、流石は愚民。小心者であり、不利益を容易に享受し、ただの犬死にを する。なんとも愚かな世の中だ。ーーこれら愚民共より、かつてないほどに 死臭が立ち込めている。特に日本人のフリをする、鬼畜めいた精神を持つ者 達からは、更にどぎつい死臭がする。 我々は知っている。蔓延する死臭の後は、浄化の時代が来ることを。 さて、大海嘯へと王手をかける。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● ◆ メールマガジン登録情報の変更・配信停止はこちらから https://mypage.mag2.com/Welcome.do ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●             発行:治統事務所           Copyright(C)治統事務所  ※無断転載を禁ず。引用の際は、治統事務所発行「元ロビイストからの   大海嘯警告メールマガジン」より引用している旨を明記願います。  ※テレビ・新聞・雑誌等も『含み』ます。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

< 前号              目次              次号 >