『治統(ちとう)メールマガジン』

第96号『不気味な「白頭山」噴火の兆候』

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●       ◆◇◆◇治統(ちとう)メールマガジン◇◆◇◆                〜第96号〜              平成31年2月22日 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。               無断転載を禁ず。 ※転載・引用の際は、治統事務所発行「治統(ちとう)メールマガジン」より  引用している旨を明記願います。 ※テレビ・新聞・雑誌等も『含み』ます。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●       ◇◆◇◆ 不気味な「白頭山」噴火の兆候 ◆◇◆◇ 中国と北朝鮮にまたがる、白頭山という山。 朝鮮民族を称する彼らにとって、最も重要視するな神聖なる山だそうだ。 「日本紀略」によると、今から千年以上前の寛平5年(西暦893年)、この山は 大噴火を起こし、日本、特に東北地方において多くの降灰があり、十和田湖 周辺の小国が幾つか壊滅したらしい。 渤海滅亡の切っ掛けとなったという説もある。 ◇ 核実験と、噴火の誘引  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ CNN等で以前にも放送されているが、2000年以降、北朝鮮の度重なる核実 験により、白頭山の巨大噴火が誘引されている。 まだ核実験の回数が少なかった2006年の段階でも、既に白頭山界隈での地震 が急増したと、中国地震局は認めている。 それから、13年経った。 核実験も今は一時的に止んでいるが、北朝鮮の短期間での度重なる核実験。 それも、白頭山から100kmしか離れていない地点での地下核実験は、自殺行為 以外の何者でもない。 白頭山が巨大噴火をせずに持ちこたえている様は、日本の富士山と重なる部 分があり、痛々しい限りだ。 人間は、一体どこまで自然の忍耐を試すのだろうか……実に、実に愚かだ。 ◇ 鳥居の効力  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 白頭山には、大日本帝国占領下時代に祀られた日本の鳥居が現存する。 北朝鮮は、この鳥居に手をかけない。 しかし、その鳥居の効力も、賞味期限が切れた。 不気味な地震兆候が、白頭山では観測されている。 白頭山は、巨大噴火を近々起こすであろう。 先ず、朝鮮半島は壊滅する。これは朝鮮の自滅行為だ。 昨今、日本だけでなく、世界へも因縁をつけまくり、すっかりならず者へと 成り下がった嫌われ者が招いている現象だ。 ――自然界は、人心に敏感である。 朝鮮の民族は、日本の歴史を歪めたり、卑しめたりと、様々な悪事を日本へ 働いた。在日勢力は日本社会を尽く汚染した。 しかし、つけいる隙を与えた日本人が愚かなのであり、最終的に異邦人への 警戒を怠り、日本人として扱った、日本人の責任である。 日本に住み、己を日本人だと勘違いしている者達を受け入れてしまい、偽り の天皇家をのさばらしている我々真の日本人にこそ、最たる責任がある。 (偽り天皇が、昨年の北海道地震被災地を訪れてしまったから、昨日は再度、 大きな地震が発生したではないか。日本の疫病神だ。覚えのある人も多いだ ろう。) いい加減、目を覚ませ。眠ったまま、腐り果てて消滅するのか? 目を覚ませば、ある意味、問題は解決する。 朝鮮問題は、大いなる白頭山が解決ー浄化をする。 ……余談だが、白山信仰は朝鮮の新羅に由来するものだそうだ。 ◇ スーパームーン  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ さて、一昨日、今年2度目の超スーパームーンを向かえた。地震が急増して いる。 昨晩の、北海道胆振地方における震度6弱は、その数の内に入らない。 北海道は、我々のブラックリスト入りをして以来、自然、ライフライン、 全てにおいて、これでもか……という受難続きである。しかし、まだ生活が 出来ているではないか。 一気に起きた方が楽であろうが、天の意思は、余程怒っているのであろう。 ジワリ、ジワリと、天変地異や経済不安・紛争を同時並行的に勃発させ、精 神を追い詰め、今後は地球レベルでの社会・生活崩壊と食糧難が待っている。 生き地獄だ。 津波などですんなりと死ねれば、まだ幸いだろう。 生き地獄が、大多数の罰当たりどもを待ち構えている。 民主主義の名の下の「大衆」という偽りのペラペラ正義は、消滅寸前だ。こ の、努力をせず、現実逃避しかせず、努力をする人間の足を引っ張り潰すこ とに全力を注ごうとする卑しい「大衆」には、生き地獄、または凄惨な死と 死後の地獄が待っている。 是非とも地獄を経験したい輩は、勇気ある人間の妨害をし続ければ良い。長 くは持つまいが。 偽善と汚染に満ちた延命行為は、悪だ。 北海道の次は、九州だ。 喜界カルデラでは、連日マグニチュード4レベルの地震回数が非常に多い。 鹿児島の桜島は、数日に一度は爆発的噴火を繰り返し、以前より活性化して いる。だが、一昨日頃から、急に噴煙の色が灰色から黒へと変貌した。 火口に溶岩溜まりがあり、吹き零れるのも時間の問題であろう。 諏訪の瀬島の火山は、火映どころでなく、夜は真っ赤である。 さて、九州の後は、大阪であろう。 我々が関西へ来てから、関西は天候にも温度にも恵まれ、異常気象がない。 穏やかだ。 都合の良い関西人は、昨年の大災害をもう忘れたのであろう。 だが、大阪、特に大阪市を完全壊滅する災害が間違いなく訪れる。 大阪の前に、もしかすると中規模災害が関東を襲い、大規模災害が東海や東 北へ先に牙を向くかもしれないが。。。 大阪市は、間違いなく、消滅する。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● ◇ 大海嘯基金  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 新世界の構築用意を使命とする基金。 具体的に協賛の意を表しやすい方法を提案。 協賛は一口5000円から、何口でも何度でも可。 《協賛方法》 ・指定銀行口座への直接振り込み 協賛者へは、以下を提供。 1. 協賛個別名称を送付。(お守り代わりに!) 2. メルマガとは別の特別緊急情報や案内(一般向け以外の特別会合)を送付 基金内容と送金方法については、以下を参照。 http://lsj-chitoh.com/k10.html ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● ◆ メールマガジン登録情報の変更・配信停止はこちらから メルマ! :http://www.melma.com/backnumber_175296 まぐまぐ :http://www.mag2.com/m/0000267117.html ◇当コラムへのご意見・ご感想・お問い合わせはこちらへお寄せ下さい。 info@lsj-chitoh.com ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●             発行:治統事務所           Copyright(C)治統事務所  ※無断転載を禁ず。転載・引用の際は、治統事務所発行「治統(ちとう)   メールマガジン」より引用している旨を明記願います。  ※テレビ・新聞・雑誌等も『含み』ます。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

< 前号              目次              次号 >