『治統(ちとう)メールマガジン』

第84号『断末魔のフランス共和国と落ちた長州偽皇室』

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●        ◆◇◆◇治統(ちとう)メールマガジン◇◆◇◆                〜第84号〜              平成31年1月15日 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●               無断転載を禁ず。 ※転載・引用の際は、治統事務所発行「治統(ちとう)メールマガジン」より  引用している旨を明記願います。 ※テレビ・新聞・雑誌等も『含み』ます。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● ◇ 講義開催の案内  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ◆概要 1.講義  ・来る世界最終戦争、経済崩壊、そして壊滅的天変地異  ・大海嘯を生き抜くにあたり、〜何が生死を別けるのか〜  ・大海嘯後に起きる、社会制度の終焉と混迷  ・その後…… 2.質疑応答 3.個別相談 (各自最大15分程度) ◆参加要項 日時  :平成31年1月19日(土)10:00-15:00      (必要と要望によって、1月20日にも別途開催) 場所  :京都府京都市内(場所は後日通知) 参加費用:一人17,000円 ◆申込方法 1月16日(水)までに簡単な自己紹介文・個別相談内容を記載したメールを送付し、 参加費用を指定銀行口座へ振り込んで下さい。 不明点がありましたら、メールにてお問合せ下さい。 振込先口座: http://lsj-chitoh.com/k10.html (※リンク先下部記載の銀行口座) メール送付先:info@lsj-chitoh.com ―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐ ◇ 大海嘯基金  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 先月12日、基金終了との案内をしたが、通信障害という妨害の事実が判明。 余程、我々に活動して欲しくないのだろう。だが、妨害は我々に通用しない。 よって、治統大海嘯基金の再開をここに告知する。 また、本基金は敷居が高いようである為、具体的に協賛の意を表しやすい 方法を提案。 一口5000円。協賛は一口から、何口でも何度もでも可。 《協賛方法》 ・指定銀行口座への直接振り込み ・LINE送金 尚、現金書留での受付は終了。 現金書留にて郵送済みの場合は、必ず一報を。 協賛者へは、以下を提供。 1. 協賛個別名称を送付。(お守り代わりに!) 2. メルマガとは別の特別緊急情報や案内(一般向け以外の特別会合)を送付 協賛済みでこちらへメールアドレスを知らせていない協賛者は、以下へ一報を。 info@lsj-chitoh.com 基金内容と送金方法については、以下を参照。 http://lsj-chitoh.com/k10.html ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●    ◇◆◇◆ 断末魔のフランス共和国と落ちた長州偽皇室 ◆◇◆◇ ◇ 黄巾運動  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 先週末、パリを含むフランス全土にて、9週連続となる黄色いベスト運動 (黄巾運動)があった。 今回、参加者は先週比3万人増えた6万との政府発表があったが、政府は人数 をかなり少なく発表しているであろうから、実際の人数は、数10万程度で あろうか。 先週は、フランスメディアを標的にしたようである。 どこかのテレビ取材班も、袋叩きにあったそうだ。 少し気になったのは、黄色いベスト運動体の一部が、共産党の赤い旗を掲げ ていたことだ。 黄巾運動体は、「マクロン(大統領)辞めろ」を口々に叫んでいるが、若き マクロンはどこかの某韓国と同様、逆ギレをし、日本へ怒りの責任転嫁をし ている。 既に大きなニュースとなっているが、フランスの司法当局が、日本オリンピ ック委員会(JOC)の竹田会長を賄賂疑惑にて訴追する。 日本でのゴーン逮捕に対する反撃なのは、間違いない。竹田会長への容疑は、 3年前も大きなニュースとなっている。「ゴーン逮捕は無関係だ」と何故か ネット上にて捲し立てている発言を偶然目にしたが、一旦沈静化した捜査を このタイミングにて再度本格化させ、訴追したことは明らかに不自然だ。 マクロン大統領は、安倍総理へ何度もゴーン逮捕取り下げの説得を試みたが、 日本が応じなかった。竹田氏への捜査再開がマクロンによる報復である事は メディアの報道通り、間違いない。 実際、JOCは贈賄しているであろう。だが、ルノー社を通して日産を私物 化しようとしたフランスには言われたくない。 明らかに、黄色いベスト運動にて窮地に立たされているマクロンによる人気 稼ぎ、黄色いベスト運動から竹田氏問題への目くらまし、そして日本への報 復を図ったものであろう。 が、興味深いのは、そこではない。 私が面白いと感じたのは、竹田会長が、(偽物)明治天皇の曾孫である点だ。 旧竹田宮家の総領であり、公家の血も入ってはいるであろうが、偽物明治天 皇の子孫である点で、アウトだ。 旧皇族も、従来は不可侵空域に属しており、外国が手出しをするなど、あり えなかった。アメリカでさえ、皇族関係へは手出しせずにいた。 しかし、現天皇家が偽りである事実が広く知れ渡ったからだろう。容赦が無 くなった。 美智子皇后の実家企業関係スキャンダルも、今までは一部週刊誌以外では 揉み消されていたが、急に正式なニュースとして表面化して来ている。 現天皇家の権威は、落ちに落ちた。 正月二日の一般参賀参加者数はかなり多かったそうだが、大半は「平成最後」 をキャッチフレーズにした、ただのイベント感覚だ。 偽物(長州)天皇家は、日本の疫病神でしかない。 ◇ イスラエル・イラン戦争が(やっと)始まる  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ そういえば、昨年秋、本メルマガにてイスラエルへの苦情を記載して以来、 イスラエルの風向きが心底悪くなった。 イランも、対イラン最強経済制裁が発動され、イラン国内は戦時下の様に経 済が荒廃して来ているそうだ。 追い打ちをかけるように、本文章を書いているまさにその最中に、キルギス から食料を運搬して来たイラン軍用機が、テヘラン郊外の空港へ墜落、また は激突炎上した。とのニュースが入った。 前代未聞の惨事だ。踏んだり蹴ったりだ。 イランが色々と言い訳をしても、軍用機が食料を運ばなければならない程、 イランの食料事情は切迫しているのだろう。 ポーランドでは、アメリカが音頭取りをし、反イラン会議が近々行われる。 世界最終大戦の先駆けともなりうる、かつてのイライラ(イラン・イラク) 戦争ならぬ、イスイラ戦争(イスラエル・イラン戦争(仮))の用意であろう。 昨日、イスラエルのネタニヤヤフ首相は、シリア空港内にあるイランの爆撃 庫を空爆した。と、公式発表した。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ アメリカが、トルコを筆頭に各国からの反対を受ける中、あえてシリア撤退 を強行表明したのは、イスラエルによるイラン本土攻撃を開始する準備であ ろう。 今まで何度も述べているが、我々は、イスラエルへも、イランへも、かなり 手を差しのべ、両国の問題解決と発展に間違いなく寄与した。 実際、我々が両国へ貢献していた時期は、両国の運気が絶好調に上向いた唯 一の時期だ。 恩を仇で返すから、今後、両国へは地獄が待ち受けているではないか。 余談だが、竹田氏らや元日産のゴーン容疑者らから「ロビー活動に支払った」 との言葉が連発されている。特にゴーン関連では、サウジでのロビー活動に 16億円だの……。たかだか一企業による、中レベル規模市場でのロビーに16 億円もしてたまるか! と、かつてのロビイストは、苦言を呈したい。 そのレベルで16億円なら、我々は10兆円は貰わないと、割りに会わない(苦笑)。 どちらにせよ、ロビー活動はもう終わりだ。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● ◆ メールマガジン登録情報の変更・配信停止はこちらから メルマ! :http://www.melma.com/backnumber_175296 まぐまぐ :http://www.mag2.com/m/0000267117.html ◇当コラムへのご意見・ご感想・お問い合わせはこちらへお寄せ下さい。 info@lsj-chitoh.com ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●             発行:治統事務所           Copyright(C)治統事務所  ※無断転載を禁ず。転載・引用の際は、治統事務所発行「治統(ちとう)   メールマガジン」より引用している旨を明記願います。  ※テレビ・新聞・雑誌等も『含み』ます。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

< 前号              目次              次号 >