『治統(ちとう)メールマガジン』

第83号『歯車が狂った韓国への対応策』

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●        ◆◇◆◇治統(ちとう)メールマガジン◇◆◇◆                〜第83号〜              平成31年1月14日 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●               無断転載を禁ず。 ※転載・引用の際は、治統事務所発行「治統(ちとう)メールマガジン」より  引用している旨を明記願います。 ※テレビ・新聞・雑誌等も『含み』ます。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● ◇ 講義開催の案内  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ◆概要 1.講義  ・来る世界最終戦争、経済崩壊、そして壊滅的天変地異  ・大海嘯を生き抜くにあたり、〜何が生死を別けるのか〜  ・大海嘯後に起きる、社会制度の終焉と混迷  ・その後…… 2.質疑応答 3.個別相談 (各自最大15分程度) ◆参加要項 日時  :平成31年1月19日(土)10:00-15:00      (必要と要望によって、1月20日にも別途開催) 場所  :京都府京都市内(場所は後日通知) 参加費用:一人17,000円 ◆申込方法 1月16日(水)までに簡単な自己紹介文・個別相談内容を記載したメールを送付し、 参加費用を指定銀行口座へ振り込んで下さい。 不明点がありましたら、メールにてお問合せ下さい。 振込先口座: http://lsj-chitoh.com/k10.html (※リンク先下部記載の銀行口座) メール送付先:info@lsj-chitoh.com ―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐ ◇ 大海嘯基金  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 先月12月、基金終了との案内をしたが、通信障害という妨害の事実が判明。 余程、我々に活動して欲しくないのだろう。だが、妨害は我々に通用しない。 よって、治統大海嘯基金の再開をここに告知する。 また、本基金は敷居が高いようである為、具体的に協賛の意を表しやすい 方法を提案。 一口5000円。協賛は一口から、何口でも何度もでも可。 《協賛方法》 ・指定銀行口座への直接振り込み ・LINE送金 尚、現金書留での受付は終了。 現金書留にて郵送済みの場合は、必ず一報を。 協賛者へは、以下を提供。 1. 協賛個別名称を送付。(お守り代わりに!) 2. メルマガとは別の特別緊急情報や案内(一般向け以外の特別会合)を送付 協賛済みでこちらへメールアドレスを知らせていない協賛者は、以下へ一報を。 info@lsj-chitoh.com 基金内容と送金方法については、以下を参照。 http://lsj-chitoh.com/k10.html ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●       ◇◆◇◆ 歯車が狂った韓国への対応策 ◆◇◆◇ すでに外交的手段にて解決・賠償済みである、一連の徴用工訴訟について、 先日、新たに日立造船へも賠償が命じられた。更に、12件もの同様の訴訟が 判決を待っている状態だという。 以前にもメルマガにて記載したが、韓国人個人レベルはともあれ、国家とし ての韓国は、国家としての体を成していない、助けても、放置しても、何を どのようにしようと、悪質かつ粘着質な因縁をつけるならず者でしかない。 海上自衛隊哨戒機への韓国軍によるレーダー照射事件でも、同国の対応は、 逆ギレ責任転嫁のオンパレードだ。それもかなり低レベルの痛々しいものだ。 捏造している『証拠』とやらも、素人丸出しの実に恥ずかしいものだ。 そして、韓国関係にてもう一つ気になるニュースがあった。 徴用工訴訟を「故意に遅らせた」との理由により、韓国最高裁元長官である 梁承泰前大法院長をソウル中央地検が事情聴取した。 韓国の歴史に詳しい訳でなく、改めて調べる気にもならないが、同国は日本 からの独立(?)直後、親日と見なされた政財界人を粛清したと伝え聞く。 戦後、自国の王族帰国を拒否し、後から日本のせいで我が国の王族は滅んだ と責任転嫁するような国だ……現在、同国にて起こりつつある現象は、この 粛清運動の始まりかもしれない。 どちらでも良いが、歴史から学ばない国だ。 もっとも、今回の一連の攻撃的反日運動が韓国の総意ででなく、同国の主要 メディアである朝鮮日報は、大統領の日本批判を行為を掲載したそうだ。 同紙によると、大統領の日本批判発言により、日本国内では全方位にて反韓 感情がキ急増とのこと。 それでも、この国の根幹は、大して変わらないだろう。 自己中心的な怒りにて己らを誤魔化し、現実逃避をしているから、何千年も の間、二等・三等国として、日本を含む大国の支配下にいつも下っているの だ。 現在の韓国の発展は、日本による賠償金と技術供与によるものであることを 国民は知らされていないのだろう。 隣国にて勝手に内争するのは構わないが、日本へやりたい放題をし、勘違い させたままにしておくのは、日本と大海嘯後の日本にとっても宜しくない。 よって、以下、日本国が取るべき手段を助言する(本メルマガ読者には国会 議員も多い)。 対外的に『気を使った』外交的かつ国際司法に訴えた措置は、時間の浪費で しかないのだ。 相手は、日本が我慢に我慢を重ねる高度な理性を伴った国であることをいい ことに、どこまで出来るかをの線引きを見極めようと、棒で日本をツンツン と小突きながら、小賢しいガキの様になめてかかっているのだ。 日本は、ガキの使いを相手にせず、大人の恐ろしさを見せつけるが良い。 韓国へ気を使っても、譲歩しても、返って事態は悪化するのだと肝に銘じる べし。(在日系の議員が永田町も多いが、日本の国益を損ねたい反日的国会 議員ならば、以下に反対するであろう。) 1. 韓国に対し、具体的な誠意ある対応を二日以内に見せろと要求。   対応なき場合、駐韓日本大使の召還及びビザなし交流の停止を行い、   韓国からの日本企業投資等撤退を警告(一部既に始まっている)。   勿論、スワップ協定などありえない。 2. 上記1.の誠意ある対応なくば、駐韓日本大使をただちに召還。   実質、韓国人の日本への観光入国を停止。 3. 更に3日期限を韓国へ与え、徴用工訴訟取り下げ及び自衛隊への照射問   題謝罪を要求。対応がなければ、駐韓国日本国大使館閉鎖及び24時間   以内に駐日韓国大使と外交官の国外退去命令を発動すると通告。  (外交上、必用最低限の窓口期間は残す。) 4. 更に3日与え、謝罪を再要求。謝罪がなければ、国交断絶をすると事前   通告し、謝罪がなければ実際に国交断絶声明を出す。同時に、在日朝鮮   人の一斉国外退去命令。 ――困るのは、韓国だ。我が国ではない。 すでに日本から韓国への投資額の30%以上が引き上げられた。 実生活にて様々な直接影響が出、韓国は崩壊するだろう。 北朝鮮やら中国に助けてもらえばよいが、それは、不可能であろう。 1〜4の案が強硬であると思ったなら、何というナイーブさであろう。 日本が超大国となりたければ、今からがチャンスだ。 このくらいの事が履行できる政治家が、日本にいるか……? 長い歴史を振り返り、今までに各国が戦前・準戦時状態において如何なる対応を 行って来たか勉強するといい。 昨年、一度大きなチャンスを逃した。本来なら、もう機会はないところだぞ。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● ◆ メールマガジン登録情報の変更・配信停止はこちらから メルマ! :http://www.melma.com/backnumber_175296 まぐまぐ :http://www.mag2.com/m/0000267117.html ◇当コラムへのご意見・ご感想・お問い合わせはこちらへお寄せ下さい。 info@lsj-chitoh.com ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●             発行:治統事務所           Copyright(C)治統事務所  ※無断転載を禁ず。転載・引用の際は、治統事務所発行「治統(ちとう)   メールマガジン」より引用している旨を明記願います。  ※テレビ・新聞・雑誌等も『含み』ます。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

< 前号              目次              次号 >