『治統(ちとう)メールマガジン』

第75号『今再び伯家神道の予言』

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●       ◆◇◆◇治統(ちとう)メールマガジン◇◆◇◆                〜第75号〜              平成30年12月19日 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●               無断転載を禁ず。 ※転載・引用の際は、治統事務所発行「治統(ちとう)メールマガジン」より  引用している旨を明記願います。 ※テレビ・新聞・雑誌等も『含み』ます。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●         ◇◆◇◆ 今再び伯家神道の予言 ◆◇◆◇ ◇ 来年の漢字予想  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       本年度の世相を表す漢字一文字は、「災」であった。         そこで、来年の漢字一文字を予想しよう。               『嘯(しょう)』       ……勿論、大海嘯(だいかいしょう)の一文字だ。 人々が愚かしく虚実嘯く(うそぶく)なか、海の嘯り(うなり)に呑まれる様だ。 来年も悠長に漢字一文字セレモニーをする状況であるかは、甚だ疑わしいが。 そこそこ長く続いた民主主義やら資本主義なるものも、終焉は本当に一気に 来るものである。しかし、最期のカウントダウン状態にあるのはわかっては いても、最期の一刻一秒が長く感じてしまう。 俳優なら、本番舞台直前の一秒一秒の緊張の長さとでも例えようか。 しかし、どんなにその一刻が長く感じられようとも、「必ず」本番のその瞬 間はやって来るものだ。 ◇ 血筋と中継ぎ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ もうすぐ生まれ変わる我が日本国においても、ヤマト時代に偽称天皇政権(笑) が誕生したが(若干の背景は、数ヵ月前のメルマガを参照のこと)、それでも ヤマトの大王(おおきみ)らは、世界天皇の血筋を必死に取り入れた。 しかし、明治維新以降、長州によって天皇家の血を一滴も持たず擁立された 傀儡・偽物である明治天皇が誕生してしまった。 ……さて、我ながらウッカリとしてしまったが、偽称今上天皇の幼名は 「継宮(つぐのみや)明仁」である。 男女問わず、あくまでも「中継(なかつぎ)」天皇であるという強調の意味を 込め、「継」という字を名に含める事は歴史上にも、度々登場する。 今上天皇誕生時に、あえてこの「継宮」という名がつけられたのには、二つ の意味があろう。 血筋的に、昭和天皇の血や、勿論、正当な天皇家(世界天皇ではなく、 ただの天皇家)の血をも受け継いでいない為、何処からか拾って来た赤子を 「継ぐの宮」とした。いう意味。 そして、もっと重要な意味合いは、江戸末期まで、辛うじて、血が薄くとも 続いた天皇家へ「天皇家」を返すまでの中継ぎとしての意味合い。 更に、もし第三の意味があるとすれば、これは、宮中関係者でも知る者は、 本当に数える程であろうが、本来の日本・世界の主である、世界天皇の血筋 へお返しする。という意味合い。 どちらにせよ、今上天皇が偽物であるという事実は周知の上で、名付けられ た。 偽物であろうが何であろうが、現在天皇の地位にある、「継宮」明仁と名乗 る人間が存在し、生きて呼吸をしていることは事実である。 本来ならば、一平民として育っていたであろうこの者の怒りは、想像以上で あろう。気の毒である。という気持ちもある。 (本メルマガを本人が読んでいる事は、知っている。) しかし、それでも、罪は罪だ。許されない。 再度言おう。平成の世を振り返れ。 平成最期の漢字が『災』であった。まさしく、平成は、災だ。 昔から言うであろう、天子(天皇)に不道徳な行いある時、天は怒り、災い が起きる。と。 ◇ 伯家神道  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ さて、ここでかの有名な『伯家神道(はっけしんとう)』の予言を思いだそう。 伯家神道とは、平安時代の第65代花山天皇の子孫であり、宮中祭祀を司る 神祇官長官の白川家によって天皇即位に纏わる秘儀を施す古神道である。 白川伯王家と千年近くも名乗れたことからも、同家がただの皇孫でない事は 明かだ。 表向き、伯家神道の歴史は平安時代以降となっているが、現代の継承者曰く、 一万年以上前に遡れるそうだ。実際は世界天皇時代から何かしらを継承して いると思われる。 だからこそ、「王」(親王より下ではあるが、様々な解釈が成り立つ)及び 「王家」の名乗りが出来たという異例の待遇であったのだろう。 聖徳太子の斑鳩御家が、「上宮王家」と呼称されたことをふと思い出す。 だが、明治時代、この極めて重要な秘儀を行う白川王家は世継不在と因縁を 付けられ、政府によってお家断絶となった。歴代の白川王は、能力によって 受け継がれ、時には養子も迎えていた。従って、世継ぎ不在などありえない。 伯家神道が表向け滅ぼされた理由は、以下の予言にある。 「伯家(白川王家)に伝えられた“祝(ほふり)の神事”を授けられない天皇 の御世が100年続くと、天皇家が終わり、日本が滅亡してしまう」 最期に秘儀が行われたとされるのは、明治天皇である。明治政府が、白川王 家を脅したのか。それとも、最期の『特別な』儀式を「あえて」施し、呪い をかけたのか……。 いずれにせよ、伯家神道による神事は大正天皇から行われていない。 100年少々が経った今、本予言は成就目前だ。 その場凌ぎの苦し紛れに、「お言葉」やら「譲位」などしても、それはただ の逃げであり、贖罪にも減罪にもならない。 また、もう何をしても時既に遅し。である。事実を公表すれば、少しは免罪 されるかもしれないが。 天皇家の権威は、偽物により間違いなく落ち、国民の皇家への敬愛度も薄い。 我々が思うに、伯家の予言は、大和朝廷前から続いた「偽り⇒世界天皇の血 筋を取り入れ臨時代理天皇へと昇格した天皇家」も含め、現在の偽物天皇家 は消滅する。 そして、偽りと臨時代理天皇家を戴き続けた「カモフラージュ日本」は、 やっと消滅する。 日本だけでない。偽りの文明が、やっと終わり、本物が現れる。 …… 先月、京都御所にて、偽物皇太子の乗った車輌に轢かれそうになったが……。 こちらの動向を見張り、億に一のありえないタイミングにて現れ、わざわざ 我々だけを車輌の前へ誘導させても、我々は殺せないぞ! 身の程をわきまえよ! 運転手は、直前にスピードを下げたではないか。 それ程、我が憎いか。残念だ。 我々がもし東京へ戻ったら、益々危険だ。 本物の天皇は、天の恩恵ある、天の友人だ。 現在天皇を名乗っている者も、皇族の地位にあるもの達も、誰へも天の恩恵 はないばかりか、天の呪いが授けられている。 偽りの天皇家を作ったプロデューサーの長州。その長州と協力関係にあった 佐賀藩主である鍋島氏の関係者である美智子氏を皇后に添えた長州。その長 州最後の首相となる安倍氏は、この偽り天皇家と日本を終える悪漢である。 という事が、同氏の使命なのであろう。だから、今のところ、数々の政治ス キャンダルを切り抜けた。 安倍氏が使命をもうすぐ果たす。 パリの黄巾の乱は世界へ飛び火し、日本へも上陸する。 沖縄は。怒りと憎しみにて赤黒い炎が視える。 (結局、我々は沖縄へ向かえず、すまないと思う) ◇ 最終:大海嘯基金の案内  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 誰も買うことが出来ない「時代の流れ」は、我々の最も近しい友人である。 「人智を越えた大きな力」に打ち勝てる人間はいない。我々の意図をある 程度は理解し、賛同し、崇高な気持ちを持って新文明にて貢献を願うものは、 下記リンクを参照されたい。 基金案内掲載は、本メルマガ号にて、最期とする。 http://lsj-chitoh.com/k10.html ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● ◆ メールマガジン登録情報の変更・配信停止はこちらから メルマ! :http://www.melma.com/backnumber_175296 まぐまぐ :http://www.mag2.com/m/0000267117.html ◇当コラムへのご意見・ご感想・お問い合わせはこちらへお寄せ下さい。 info@lsj-chitoh.com ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●             発行:治統事務所           Copyright(C)治統事務所  ※無断転載を禁ず。転載・引用の際は、治統事務所発行「治統(ちとう)   メールマガジン」より引用している旨を明記願います。  ※テレビ・新聞・雑誌等も『含み』ます。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

< 前号              目次              次号 >