『治統(ちとう)メールマガジン』

第68号『やはり、無災害圏( ̄∇ ̄)』

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●       ◆◇◆◇治統(ちとう)メールマガジン◇◆◇◆                〜第68号〜              平成30年10月16日 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●               無断転載を禁ず。 ※転載・引用の際は、治統事務所発行「治統(ちとう)メールマガジン」より  引用している旨を明記願います。 ※テレビ・新聞・雑誌等も『含み』ます。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●       ◇◆◇◆ やはり、無災害圏( ̄∇ ̄) ◆◇◆◇ 奈良へ行き、姫路へ行き、大阪へ戻るなど、ここ最近はバタバタしており、 しばらくメルマガを出しそびれていた。台風24号が通過した翌日10月1日に 書いた内容だが、まあいいだろう。 ◇1   ̄ ̄ ̄ 台風24号だが、東京・近畿・東海を含む各地に爪跡を残した。 都内では物損被害以外にも、大規模な電車の運休・遅延により、台風通過の 翌朝月曜の通勤通学に深刻な影響を与えた。世界で最も利用者数の多い新宿 駅でも、入場制限が実行され、多くの駅にて人々が路上に溢れた。 その原因の一つが、四ッ谷駅での倒木だ。 皇居からも比較的近く、私の地元へもほど近い。 東京は、まだ被災地には至っていないが、随分と疲弊して来ている。 ◇2  ̄ ̄ ̄ 今回、改めて実験の意味合いも込め、大阪の梅田にて台風24号を迎えた。 結果――予想通り、我らのいる場所は、無災害圏となった。 無災害どころか、梅田近辺(最低でも我らの滞在していたホテル界隈)には、 暴風雨などなかった。台風特有の風音もほんの少しだけ、聞こえたぐらいの ものであった。 翌朝、デパート勤務の女性と話したが、「台風21号と同じのが来ると思って ましたが、風も殆ど吹きませんでした。驚きました。」と、大阪弁と微妙な 標準語を混ぜながら興奮した様子にて話していた。 交通網への影響は、無いようであった。 別に、大阪梅田が護られたのではなく、「我々がそこに居たから」だ。< 大阪市内が暴風雨圏にすっぽりと入っていた時も、NHKにて雨雲レーダー では我々がいる辺りには、ボッカリと穴が空いていた。 我々は、関西を護るつもりは皆目無い。関西、東京、日本、世界中、何処に も未練はない。 きっと我々の移動に伴い、各地で巨大災害が起き、大浄化が推し進められる。 ◇3 追記  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 上記内容の記述後、我らは大阪を見放すに至った。 大阪北部地震や、台風21号によって大きな被害を受け、一旦は謙虚な様子を みせた大阪であったが、大きな被害を予想していた台風24号では全くの無被 害であった反動なのか、大阪市内は以前にも増して性質が悪くなった。 特に、大阪駅、梅田、あべのハルカス界隈は酷い。 恩を仇で返すとは、大阪が代名詞かと思いたくもなる。 いずれにせよ、後数日にて、我々は大阪を出る。 奈良に至っては、災害がかなり不十分なのだろう。一切の謙虚さも何もなく、 古都の面影などない。 大阪のベッドタウンと成り果て、急激な人口増加や、中国人旅行者がもたら した毒に身心をやられてしまったのだろう。これ以上は無い程、荒んだ様子 であった。 京都も大差ないであろうが、最後にもう一度視察しようと思う。 だが、京都の可能性は1%を遥かに切るものであろう。 地球規模の超異常気象だ。 文明の終焉は、どの都市が最初であろうか。 何処であろうとも、我々のいる場所は、災害が遠慮するようだ。 無災害圏と化す! 我々は用意が出来ているのだが……。 京都への移動後、東京へ戻ろうか、沖縄へ行こうか思案している。 多分、沖縄へ向かうだろう。予定は未定だが。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● ◆ メールマガジン登録情報の変更・配信停止はこちらから メルマ! :http://www.melma.com/backnumber_175296 まぐまぐ :http://www.mag2.com/m/0000267117.html ◇当コラムへのご意見・ご感想・お問い合わせはこちらへお寄せ下さい。 info@lsj-chitoh.com ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●             発行:治統事務所           Copyright(C)治統事務所  ※無断転載を禁ず。転載・引用の際は、治統事務所発行「治統(ちとう)   メールマガジン」より引用している旨を明記願います。  ※テレビ・新聞・雑誌等も『含み』ます。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

< 前号              目次              次号 >