『治統(ちとう)メールマガジン』

第62号『天運と改生』

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●       ◆◇◆◇治統(ちとう)メールマガジン◇◆◇◆                〜第62号〜               平成30年8月24日 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●           ◇◆◇◆ 天運と改生 ◆◇◆◇ ◇1 パフォーマンスの終焉   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 東京大空襲により、東京(特に下町)は灰燼と化した。 しかし文明社会は健在であり、世界には日本復興を後押しする余力もあった。 現在はどうだろうか? 世界規模において同時多発的な超異常気象が発生し、 世界情勢は更に「きな臭く」なってきている。文明の終焉期というべき事態 である。 地政学的パフォーマンスは終わった。 ロシアも欧州もイランもイスラエルも中国も北朝鮮も米国も、その他多くの 国と地域は勿論、日本もきな臭い。各国には、他国を助ける余力など無い。 助けるどころか、反対に攻め入ってくるだろう……。 これからの残り少ない時間は、人類皆、生死を賭けた戦いとなるだろう。 誰も守ってくれない。 国も、社会も、勿論、会社(笑)も、守ってくれはしない。 被災地支援は、他の地域ににまだ余力があるからだ。日本中が被災地になる 日が、そこまでやって来ている。 薄っぺらい助け合い標語を発信しても、偽善的な言葉は己に鋭い矢となって 返って来て、喉を貫くだろう。 ◇2 汚泥の浄化   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 統計開始後初となる、5日連続の台風発生。 台風19号・20号のダブル台風は、大海嘯最終段階において軍隊に例えるなら ば、斥候に続く前衛、または本隊の先頭であろう。 学校の教科書における有史において、本来ならば、とうに阿蘇山も浅間山も、 特に富士山は大大噴火を起こしていなければならない。 日本中の火山に巨大噴火の予兆があるが、まだ、あと一歩のところで押し留 まっている。だから、余計に恐ろしい。せめて数年前にでも大噴火を起こせ ていれば、ガス抜きになったろうに。 地球は、間違いなく、人類が溜め込んだ汚泥の大浄化を始動させた。 御嶽山や白根草津、口永良部島の噴火はは、上述の前衛部隊にあたるだろう。 台風、洪水、疫病、巨大地震、超巨大壊滅的噴火、彗星の衝突、戦争、経済 崩壊……。 全ては個別に発生するのではない。互いに強く影響を受け、将棋倒しの如く 一気に起き始めるだろう。そして、怒涛のごとく、多くは死ぬだろう。 政府は機能不全に陥り、交通網は麻痺。物流も止まり、食料を含む生活品が スーパーやコンビニから消える。 トイレットペーパーも無い。 銀行も営業停止のバンクホリデーどころが、営業不能となり、消滅する。 そこかしこに争いがあり、略奪があり、死体も浮遊していることだろう。 その状況を経て、地球レベルの大海嘯及び大浄化を経て、新しい統一世界が 誕生する。生き残り、新しい世界の住人となりたくば、心を入れ替えよ。 シェルターも宇宙船も方舟も、役立たずだ。 映画の様には行かない。 ◇3 天運   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ さて、大災害がどうして我々(私と息子)を避けるのか。 どうして、我々に危害を加えた者(国家も含む)が地獄へ落ちるのか。 ――その法則がわかった。 近々、東京に超巨大災害が起きる時も、我々がいる場所だけは無傷であろう。 それが、我らの動かしがたい定めである。 誰が生き延び、誰が死ぬのか。 誰が惨たらしい死を迎えるのかも、いわばその者の「宿命」が、今では一目 みるだけでよく分かる。 街中は、腐臭に満ちている。 人からも、死臭が漂っている。 街も生命体だが、腐っている。 だが、今現在死相が出ている者も、己の心がけ次第では、その宿命も変わり 得よう。宿命とは、その者や一族・一門に宿る命運を指す言葉だが、それを 断ち切れば、死相が消え、自ずと人生も変わろう。 …… 癌といった病魔や種々の物事・出来事は偶然に発生するものではない。 「たまたま」などというものはなく、全てにおいて、理由がある。 己と向き合い、己を欺かない者だけに、道は示されよう。 私は【日常会話】以外で人と話す事を忌み嫌って来たが……大海嘯について、 直接話をする気にほぼ至った。 これも、大海嘯の本大隊到着前夜を意味するのであろう。 私は、偽善者ぶって、人や世を救う気は皆目無い。 消滅する必要がある者や文明を延命させては、罪である。 だが、未来への可能性がある存在へは、未来へのパスポートを持たせてあげ たいと思わなくもない。 我々の力は、これ以上、この消えゆく臭い社会に費やさない。 もう、貿易摩擦解消ロビー活動などしている段階ではない。 腐敗しきった、生命の灯火がほぼ消えかかっている現社会の延命に私のエネ ルギーを注げるわけがない。 大海嘯最終章を迎えた今、未来への生き残り。つまり、皆の人生を賭けた最 も重要な話をしようという気に至った。 ◇4 未来へ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 適当な言葉が思い浮かばないが、少人数に対し、参加者の道を示す集まりを 催そうと考えている。 参加申し込み者全員を受け入れる事は無理であろうが、自分への人生最大の 投資(主に勇気と努力)として、未来を夢見る思いがあれば、『簡単な自己 紹介文』と、自分の生死と未来を間違いなく左右する話と出逢いの価値を 『参加費希望額』として明示した上、下記メールアドレス宛てに当方へ連絡 されたい。 当然ながら、利益目的ではない故、開催しない可能性もある。 警告であるが、「万が一にも」我々を害する目的、或いは疾しい心にて参加 申し込みをした場合、天誅は直ちに下ろう。 日時及び参加費は、参加可能者へ追って連絡をする。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● ◆ メールマガジン登録情報の変更・配信停止はこちらから メルマ! :http://www.melma.com/backnumber_175296 まぐまぐ :http://www.mag2.com/m/0000267117.html ◇当コラムへのご意見・ご感想・お問い合わせはこちらへお寄せ下さい。 info@lsj-chitoh.com ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●             発行:治統事務所           Copyright(C)治統事務所  ※無断転載を禁ず。転載・引用の際は、治統事務所発行「治統(ちとう)   メールマガジン」より引用している旨を明記願います。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

< 前号              目次              次号 >