『治統(ちとう)メールマガジン』

第58号『再開』

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●       ◆◇◆◇治統(ちとう)メールマガジン◇◆◇◆                〜第58号〜               平成30年4月7日 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● 。。。。。。。。。。。。。。トピックス 。。。。。。。。。。。。。。。 ◇ メルマガ『再開』  1. 序  2. 予言と預言  3. 文明の断末魔、日常への逃避  4. 旅先と世界情勢  5. 血族  6. 結 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●            ◇◆◇◆ 再 開 ◆◇◆◇ ◇1 序   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 私がロビー活動休止を決心したのは、2011年3月11日、東日本大震災直前の ことであった。 これまでに、巨大転変地異や文明の体制崩壊をなどを何十回も予見したが、 そのような状況において、これ以上、社会改革のためのサービスを提供する ことは最早無意味であると判断したからである。 思い起こせば、過去メルマガにて何度か記載した『日本への緊急帰国』も、 米国同時多発テロ事件(所謂9.11)の数ヶ月前であった。 ◇2 予言と預言   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 当時、ワシントンD.C.の雰囲気が異常なものとなっていた。 個人的にも身の危険を感じる出来事が勃発し、最終的には外務省(駐米日本 大使館)の助言と助けを受け、緊急帰国が叶ったものである。 「よくぞ、殺されずに帰国出来たものだ」と、今更ながらに関心している。 帰国直前に、私を良く知るアメリカ人の友人らから、「あなたがアメリカを 去ってしまったら、アメリカは未曾有の不幸に見舞われてしまう」と言われ、 別の未来を予知する能力のある(超)能力者からは、「貴方は、アメリカの 征服者として必ずこの地に戻って来る」との預言をもらったものだ。 前者の予言、『アメリカは未曾有の不幸に見舞われてしまう』とするものに ついては、9.11という事件が直後が発生している。 なるほど、自作自演云々は一旦於くにしても、確かにアメリカ史上初の本土 攻撃である。(実際は、太平洋戦争中に、日本軍がアメリカ本土空襲に成功 しているが) 後者の預言、『アメリカの征服者として舞い戻って来る』ものについては、 未だ履行されていない。 私が本メルマガ及び仕事を(とりあえずの)再開したことは、もしかすると 未履行の預言を現実化する為なのかもしれない……。 ◇3 文明の断末魔、日常への逃避  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 3.11直前に私が隠遁生活を開始してから、今日に至るまで、世界は驚く程に 末期症状を迎え、断末魔の叫び声を上げ始めたではないか。 この文明は、新世界(怪しい宗教やニューエージ的なものではなく)に向け、 本来ならばとうに崩壊しているはずだ。しかしながら、人々は辛うじて日常 生活の体裁を成そうと、日々を過ごす風景が遠目に垣間見れる。 しかし、その日常風景も、至近距離で観ると、日本人の実に大多数が根性の 悪い卑しい存在へと堕ち、路上・車間・店内、ありとあらゆる所にて他人へ 嫌がらせをしている。 何の為に生きているのか? 互いに嫌がらせを働き、これが当然・日常的なものとして暗黙に認められ、 あるいは見過ごされる文明は、到底健全であるとは言えるまい。 話は少し変わるが、火山噴火が相次ぎ、九州全土は勿論、本州の至る所でも、 壊滅的は巨大破壊噴火(火砕流を含む)が今起きても全く持って不思議では ない状態だ。 桜島は噴煙が激しく、鹿児島市でも有毒ガスの臭いがした。新燃岳も何度も 爆発的噴火をしているが、まだまだ序章のご挨拶だ。阿蘇など、恐ろしい。 死にたくなくば、九州の人は、直ぐに避難すべきだろう。 (もっとも、本土へ避難しても、結局は大差ないかもしれないが……) 皆、本当は分かっているのだろう。 ……しかし、現実逃避をしているだけだ。 ◇4 旅先と世界情勢  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ――この半年間、私と息子は、日本の西半分(東京〜鹿児島)をくまなく   視察して廻った。 東京へは戻らない不帰の決意にて、昨年東京を一旦は離れたのだが…… 東京において、文明の終焉を見届ける必要があるのだろうか? 近々、東京へ戻る予定ではあるものの、古来より『予定は未定』という。 旅先だろうとも、最低限の世界情勢は把握している。特に株の乱高下などは 面白い。アメリカの対日鉄鋼関税問題も、事情がよく分かる。 一体どこからその自信は湧くのか、日本政府は自国が当然に対象外になると 高をくくっていた。政府の甘い見解を当時は笑っていたものだが、両国間の 事情がよく分かり、とても面白い。 トランプ大統領は、下品であっても、経営学で世界最高峰のペンシルバニア 大学ウォートンスクールの卒業生であり、私の先輩である……。 あのような人物の思考は、意外と非常に単純なものである。 私なら、ロビイストデビューの切っ掛けとなった鉄鋼問題を解決することは 勿論難しくないが、日本国政府は私に頭を下げるであろうか? ◇5 血族  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 私の一族の者が、次期総理候補となっているが、我々一族の致命的欠点たる 「(非常に高度なレベルでの)優柔不断さ」に打ち勝てず、側近の意見に振り 回されているうちは、いつまでも首相にはなれない。あるいは、総理大臣に なることが叶えども、実りよいものとはならないだろう。 我々の先祖は、何度も天下取りを逃したり、遥か古には国も力さえも、その 優柔不断さによって失った。 ◇6 結   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 仕事はどこまで行うのかまだ決心がつかない部分もあるが、後日、メルマガ にてまた触れたいと考えている。 予定は未定ではあるが、次回メルマガにては、南朝と現在のカモフラージュ (天)皇家について、私のミッションを語ってみたい。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● ◆ メールマガジン登録情報の変更・配信停止はこちらから メルマ! :http://www.melma.com/backnumber_175296 まぐまぐ :http://www.mag2.com/m/0000267117.html ◇当コラムへのご意見・ご感想・お問い合わせはこちらへお寄せ下さい。 info@lsj-chitoh.com ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●             発行:治統事務所           Copyright(C)治統事務所  ※無断転載を禁ず。転載・引用の際は、治統事務所発行「治統(ちとう)   メールマガジン」より引用している旨を明記願います。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

< 前号              目次              次号 >