メルマガ『ロビイストの国際情勢予報』

第53号「戦乱の足音」

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●   ◆◇◆◇LSJメールマガジン・ロビイストの国際情勢予報◇◆◇◆                〜第53号〜              平成22年11月24日 日本におけるロビー先駆者であり国際ロビイストの岸田治子が、今後の世界 情勢を踏まえ、政治・経済そして今後の展開などについてわかりやすく解説 いたします。 活字を情報源とせず、国際社会における実際のプレーヤーとしての実体験を 元とした国内外の情勢解説と予報です。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●          ◇◆◇◆ 「戦乱の足音」 ◆◇◆◇ 昨日、北朝鮮と韓国との間に砲撃戦が行われた。北朝鮮による韓国領土への 砲撃は、初めてのことである。 北朝鮮は無法者国家であるとの印象を日本では持ってしまうが、実際の所、 どうであろうか? 韓国と米国による挑発が先にあったのかもしれない。 如何なる時も、全ての非が北朝鮮にあるかの如く考えるのは、余りにも思慮 に欠けた浅はかな考えである。 北朝鮮と韓国は、あくまでも代理の地位に甘んじ、未だに代理抗争を行って いるに過ぎない。小国の悲哀だ。朝鮮は、いつになったら、歴史的弱者の地 位から脱する事が出来るのか。 朝鮮両国が再び動乱に突入した時、誰が得をするのか? 私に指摘されなけ れば分からないようであれば、日本の政府トップ達は日本の有事を乗り越え る事は出来ない。頭を丸めると良いであろう。 中国、ロシア、特に米国の思惑を理解し、出来れば更に深部の計略を推測し なければならない。 今回の砲撃戦は直ちに戦争へ繋がらないだろう。一旦は沈静化した『体』を とるかもしれない。しかしながら、朝鮮半島は、確実に動乱へと足を踏み出 している……。 朝鮮動乱は、日本の目覚めのきっかけとなるかもしれない。 ふと思い出したが、丁度二年前、拉致被害者である横田めぐみさんの両親へ、 「二、三年後、朝鮮半島は動乱の時代へと突入します。その後、拉致被害者 を救出できる最初で最後のチャンスが訪れます。」と話をしたことがまざま ざと思い起こされる。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━● ◆ メールマガジン登録情報の変更・配信停止はこちらから メルマ! :http://www.melma.com/backnumber_175296/ まぐまぐ :http://www.mag2.com/m/0000267117.html めろんぱん:http://www.melonpan.net/mag.php?011795 ◇当コラムへのご意見・ご感想・お問い合わせはこちらへお寄せ下さい。 info@lsjlobby.com ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●         発行:LSJ治統ロビー事務所            Copyright(C)LSJ治統ロビー事務所     ※無断転載を禁ず。 転載、引用の際は、LSJメールマガジン      「ロビイストの国際情勢予報」より引用している旨、ある      いは、 LSJによる文書であることを明記願います。 ●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

< 前号              目次              次号 >