令和元年11月18日(月) 治統メールマガジン 第108号『運気尽きた大凶の東京』 を配信。

令和元年11月2日(土) 治統メールマガジン 第107号『運気尽きた大凶の東京』 を配信。

令和元年10月31日(木) 治統メールマガジン 第106号『ジュゴンの血涙と悲呪』 を配信。

令和元年10月30日(水) 治統メールマガジン 第105号『大豪雨と饗宴の儀』 を配信。

令和元年10月24日(木) 治統メールマガジン 第104号『即位礼 〜虹は巨大地震の兆し〜』 を配信。

令和元年10月17日(木) 治統メールマガジン 第103号『(偽)天皇即位祝賀パレード延期』 を配信。

令和元年10月16日(水) 治統メールマガジン 第102号『大海嘯クライマックスの始まり』 を配信。

令和元年8月20日(火) 治統メールマガジン 第101号『神風吹くとき』 を配信。

令和元年6月5日(水) 有料メルマガ『大海嘯』第06号『経済破綻の悲劇』を配信。
経済金融崩壊・天変地異、あるいは戦争による文明消滅前夜ーーそれが、我々の生きている、今の瞬間だ。来たれる地球規模の『崩壊』と『悲劇』について説く。

令和元年5月31日(金) 有料メルマガ『大海嘯』第05号『破壊者トランプ大統領』を配信。
稀代の貧乏神、トランプ米国大統領の訪日における「功績」と、急速する文明終焉の流れについて説く。

令和元年5月22日(水) 有料メルマガ『大海嘯』第04号『イラン進攻前夜、文明終焉前夜』を配信。
『ロビイストからの警告』にて示唆したイラン攻撃を回避させて早数十年……。 恩を仇で返したイランの「華」と「斜陽」、それらがもたらした今回のイラン危機について説く。

令和元年5月16日(木) 有料メルマガ『大海嘯』第03号『「国」という定義の滅亡前夜』を配信。
世界の「国」という定義が滅びる前夜ーー国際情勢とイラン外務大臣の訪日を絡め、避難の勧めについて説く。

令和元年5月8日(水) 有料メルマガ『大海嘯』第02号『破壊と終焉の「令和元年」』を配信。
令和は、本来綺麗な良い元号であろう。しかし、日本という国家の最後の元号始動に伴い、世界が動き出した。 たった一週間で、膠着状態より動き出した世界情勢について説く。

令和元年5月1日(水) 有料メルマガ『大海嘯』第01号『滅の元号「令和」』を配信。
長州による孝明天皇・祐宮親王(本来の明治天皇)の弑逆に始まる「偽りの東京時代」を経て、本日、令和への改元が為された。 「令和」改元に関わる「光」と「滅」について説く。

平成31年4月21日(日) 翌5月より有料メルマガを始動。
初号は令和元年5月1日(水)に配信予定。

平成31年3月18日(月) 治統メールマガジン 第98号『人界と自然界のリンク』 を配信。

平成31年3月17日(日) 長期個別講座『大海嘯』の詳細を掲載。 また、受講規約を厳正なものに改める。 ※受付を終了しております。

平成31年3月7日(木) 治統メールマガジン 第97号『朝鮮半島と、恩恵の消失』 を配信。

平成31年2月22日(金) 治統メールマガジン 第96号『不気味な「白頭山」噴火の兆候』 を配信。

平成31年2月21日(木) 治統メールマガジン 第95号『最後の総理は誰?』 を配信。

平成31年2月19日(火) 治統メールマガジン 第94号『今晩から超スーパームーン』 を配信。

平成31年2月15日(金) 治統メールマガジン 第93号『破滅と破壊の赤い星』 を配信。

平成31年2月7日(木) 治統メールマガジン 第92号『東京の大難』 を配信。

平成31年2月6日(水) 治統メールマガジン 第91号『黄金の郷「エル・ドラード」とベネズエラ騒乱』 を配信。

平成31年2月1日(金) 第1回『(旧)ロビイストの国際情勢予報』の開催を告知。

平成31年2月1日(金) 治統メールマガジン 第90号『国家元首による責務の放棄』 を配信。

平成31年1月31日(木) 『治統からの声明文』を設置。

平成31年1月29日(火) 『講座案内』を設置。

平成31年1月29日(火) 治統メールマガジン 第89号『トカラの法則』 を配信。

平成31年1月24日(木) 英語版ホームページを掲載(トップページのみ)。
Uploaded the English homepage (Toppage only for now).

平成31年1月24日(木) 治統メールマガジン 第88号『「情けない」長州主導の日本外交』 を配信。

平成31年1月21日(月) 治統メールマガジン 第87号『イスラエル軍によるイラン革命防衛隊攻撃開始』 を配信。

平成31年1月21日(月) ホームページのデザインを一部変更。

平成31年1月18日(金) 治統メールマガジン 第86号『預言と最終警告』 を配信。

平成31年1月17日(木) 治統メールマガジン 第85号『壊滅的地震・噴火の予兆と超スーパームーン』 を配信。

平成31年1月15日(火) 治統メールマガジン 第84号『断末魔のフランス共和国と落ちた長州偽皇室』 を配信。

平成31年1月14日(月) 治統メールマガジン 第83号『歯車が狂った韓国への対応策』 を配信。

平成31年1月13日(日) ホームページのデザインを一部変更。

平成31年1月11日(金) トップページを全面的に更新し、今後の活動に関する諸声明文を掲載。

平成31年1月11日(金) 治統メールマガジン 第82号『講義の案内』 を配信。

平成31年1月11日(金) 治統メールマガジン 第81号『治統からの声明文』 を配信。

平成31年1月7日(月) 治統メールマガジン 第80号『予言書「推背図」と米混乱』 を配信。

平成31年1月4日(金) 治統メールマガジン 第79号『不穏なる新年』 を配信。

平成30年12月27日(木) 治統メールマガジン 第78号『シュメール人からの警鐘――『惑星ニビル』の到来』 を配信。

平成30年12月26日(水) 治統メールマガジン 第77号『ブラック・クリスマス』 を配信。

平成30年12月22日(土) 治統メールマガジン 第76号『お外国様と反日工作の露見化』 を配信。

平成30年12月19日(水) 治統メールマガジン 第75号『今再び伯家神道の予言』 を配信。

平成30年12月13日(木) 治統メールマガジン 第74号『パリの黄巾賊』 を配信。

平成30年11月28日(水) 治統メールマガジン 第73号『大阪、ゴーンと共に去りぬ』 を配信。

平成30年11月16日(金) 治統メールマガジン 第72号『治統大海嘯基金』 を配信。

平成30年11月9日(金) 治統メールマガジン 第71号『親愛なるイスラエル国へ(嫌味)』 を配信。

平成30年10月25日(木) 治統メールマガジン 第70号『資本主義の超異常気象』 を配信。

平成30年10月19日(金) 治統メールマガジン 第69号『新文明の構築』 を配信。

平成30年10月16日(火) 治統メールマガジン 第68号『やはり、無災害圏( ̄∇ ̄)』 を配信。

平成30年9月21日(金) 治統メールマガジン 第67号『白頭山』 を配信。

平成30年9月19日(水) 治統メールマガジン 第66号『無災害圏』 を配信。

平成30年9月18日(火) 治統メールマガジン 第65号『近づく軍靴の音』 を配信。

平成30年9月6日(木) 治統メールマガジン 第64号『続・大災害』 を配信。

平成30年8月30日(木) 新規ブログ『大海嘯(仮)』 を始動。

平成30年8月30日(木) 治統メールマガジン 第63号『非日常へ』 を配信。

平成30年8月24日(金) 治統メールマガジン 第62号『天運と改生』 を配信。

平成30年8月3日(金) 治統メールマガジン 第61号『偽りの明治天皇』 を配信。

平成30年7月31日(火) 治統メールマガジン 第60号『現文明の幕閉じ』 を配信。

平成30年7月16日(月) 治統メールマガジン 第59号『帰還』 を配信。

平成30年4月7日(土) 治統メールマガジン 第58号『再開』 を配信。

平成30年4月1日(日) トップページの理念等を更新し、永らくの活動休止を再開。

平成27年12月1日(火) トップページに「面会・勉強会に関する問い合わせについて」を掲載。

平成25年2月15日(金) トップページに「取材・講演・出版・ロビー活動等について」及び「講義・教育プログラムについて」を掲載。

平成24年9月1日(土) 「LSJ治統事務所」より「LSJ」の字句を抜き、「治統事務所」に改名

平成24年1月13日(金) 治統メールマガジン 第57号『大海嘯』 を配信。

平成23年8月10日(水) 治統メールマガジン 第56号「大浄化のハジマリ」 を配信。

平成23年4月7日(木) ホームページ開設。