治統の歴史

1987 現代表の岸田、渡米する。

2000 岸田、日本人として初めてリーダーシップワシントンに選ばれる。

2001 岸田、9.11事件直前に帰国。

2006 リーダーシップJAPAN(略称LSJ)を設立。日本におけるロビー活動を本格化する為、トップリーダーやロビイストの育成に専念する。

2008.6 株式会社LSJロビーコーポレーションを設立。リーダーシップJAPANよりロビー事業を分離し、日本初の本格的なロビー活動を始動させる。

2010.3 株式会社LSJロビーコーポレーションを個人事業「LSJ治統ロビー事務所」へ改組。併せてリーダーシップJAPANも同事務所へ統合。リーマンショックを発端として、資本経済・株式会社に疑念を抱いた為。

2011.3 「LSJ治統ロビー事務所」より「ロビー」の字句を抜き、「LSJ治統事務所」に改名。一般に言うロビー活動の域を超えた活動開始に伴うLSJの理念・目標の成長による。

2011.4 本ホームページを開設する。

2012.9 「LSJ治統事務所」より「LSJ」の字句を抜き、「治統事務所」に改名。LSJ(リーダーシップJAPANの略称)の理念を「治統」に引き継ぐ。