代表の紹介

近衛治子(このえゆきこ) (旧 岸田治子) 治統事務所 代表 米国法務博士(Juris Doctor) 東京都出身。高校卒業後、渡米。米国アイビーリーグの一つであり、米国最古の総合大学「ペンシルバニア大学」(University of Pennsylvania, Wharton School of Finance から College of Arts and Sciences へ専門変更)卒業後、同国テンプル大学ロースクール(Temple University School of Law)にて法務博士号(Juris Doctor)を取得。 ワシントンD.C.では、外国人としての壁を越え、国際ビジネスファシリテーター(一プロジェクト単位だけでなく、例えば日米の業界トップレベル間にて新規ビジネスアイディアの導入・提携の橋渡し、まとめ役など)、サービスを提供する企業家として、また、国際的な「ロビー活動」を通じて、ワシントンだけでなく世界の政界、財界、法曹界などのトップリーダー達と親交を深める。2000年、それまでの活動を認められ、全米のトップリーダーの登竜門と言われる「リーダーシップワシントン(LSW)」に日本人として初めて選ばれる。 2001年、9.11事件直前、ワシントンにて身の危険を察知し、息子と緊急帰国。 2006年以降、リーダーシップJAPANや株式会社LSJロビーコーポレーションなどを設立し、帝王学やロビイスト養成講座などを主催。日本初の本格的なロビー活動を始動させ、日本にて「ロビー」という言葉を広めたロビーの先駆者である。LSJグループの組織改組を経て、治統事務所へ名称変更後、代表を務める。 分野を超え、国家間の折衝などを得意とし、「不可能」と言われた超難問を幾つも短期間にて解決。特記すべきは、最近トランプ大統領が明らかにした「世界戦争」危機を2010年に回避させた功績を残した事である。 しかし、2011年3月11日の東日本大震災の10日前、あまりにも無能な首脳や財界に見切りをつけ、第一線から退く。巨大天災、文明崩壊を予期し、全活動を事実上休止。世界の動向を見守り続けた。3.11及び今後起こるであろう世界的な未曾有事態を永らく予見し、講演やセミナーなどを通し、警鐘を鳴らし続けていた。 予想通り、世界の均衡が崩れ、従来の常識が天候、経済、政治にも通用しなくなってしまった「今」、以前より高次元の活動再開を決意。今後起こるであろう大災害を世界的な自然、経済、軍事面における大海嘯(だいかいしょう)を予見しつつ、活動を再開。 不条理な世界が終演間近である事を察知し、文明の再構築に一生を捧げる決意を固める。 戦争の根源である「地球上の多国家状態」を解決し、「地球統一帝国」樹立を決意。 危機管理能力に長け、災害派遣では現場の指揮を何度も取り、実践経験も豊富であった自衛隊幹部の父に教育を受け、国や自治体の危機管理問題を聞かされて育つ。 父方の家は、太古から続く「世界天皇」の血を受け継ぐ事を約10年前に知る。 生母は、近衛文麿首相(公爵)の(「捏造簡単な家系図」に載らない)実子である。母方の祖母は、摂関家より格上である後醍醐天皇系南朝の直系の姫(本来なら、内親王)。 祖父、近衛文麿の遺言書を保管。この現在の明治以降続く「偽天皇一家」と長州政権(現在は、安倍首相が受け継ぐ)の秘密も記された「近衛文麿の遺言書」を開示しようとした直前、今年1月に大害を被った。 命の危険に晒されるも、生還。 前述通り、文明最期の現時期に、新たな文明と地球統一の準備として、動きはじめる。 息子の岸田治博は、超古代からの日本の血と共に、ブリテン島(現在のイギリス)を含む古代王族の血筋でもある。英語名は、先祖の王から取っている。 我々親子には、「(我々へ)害を為すと、(相手や世に)天誅が下る法則」があり、その『天の守護の星』の下に生を受ける。 実際、「アメリカの9.11同時多発テロ」、「3.11東日本大災害」、「現在のコロナ禍」は、我々が害を受けた直後に起き、我々は安全圏にいる。 我々親子の居る場所は、災害が避ける「無災害地帯」となる現象が昔から何千回と起きる。 ブログ『世界天皇 〜大海嘯(だいかいしょう)と「地球統一」への道〜』は毎日言いたい放題更新中。 著書に『ロビイストからの警告』(集英社 2008年4月刊)。