代表挨拶/活動再開

思えば、2011年の東日本大震災直前より、あえて永らく活動を休止していました。 しかし、周知の様に、今の時代・文明は大変興味深い『最終』段階へと突入しました。

これまで多くの依頼をお断りして来ましたが、上記状況を鑑み、この度活動を新規に開始する気持ちに達しました。 心境の変化については、これまた同様に永らく休止していましたメルマガにて記述します。

治統の理念

3.11東日本大震災の直前まで、当社は世界の抜本的改革を宗とし、社会改善に役立つと思われる依頼を受け、ロビー活動を行って来ました。

現在の世界情勢は、すでに転げ落ちた坂を『更に』転げ落ちるかの如く、全ての異常事象が世界各地にて勃発しています。いつ何時、3.11を遥かに上回る巨大災害や戦争、経済崩壊が起きても全く不思議でない状態です。これらは全て人類史上未曾有のものとなるでしょう。

以前の理念にても、当社は『世界は人類史上において特記すべき転換期に向かっております。「観測史上初」「記録更新」「異常気象」……自然が猛威を振るい、世界規模で大異変が日常化している今、世界の政治体制や経済が国を超えて、その機能を失いつつあります。』と記述していました。

当社は『日本におけるロビーの先駆者であり、ロビーという従来日本では聞きなれない言葉と活動を広めた存在である』と、その様な認識ではありますが、ロビーの先駆者であり、その言葉を日本にて広めた当社は、一般に言う「ロビー活動」の枠を「超え」、国家から一企業までを対象に、ただの生き残りを超越した長期的大局からみた助言・指導を行います。

治統事務所 代表・米国法務博士
近衛治子(旧 岸田治子)
平成30年4月1日

◆助言・指導業務◆

国家・組織・企業等、大局を見据えた助言を行います。

◆ロビー活動◆

緊急性及び重要性が認められる場合。

◆面会・勉強会に関する問い合わせについて◆

個別案件などにより、対応の可能性あり。

◆取材・講演・出版等について◆

従来は『昨今、メディア媒体等からの問い合わせを頂いておりますが、一切の取材・講演依頼・出版依頼、その他の問い合わせ等には応じておりませんので、ご理解下さい。』と対応していました。

この考えは基本的に変更はないものの、個別案件により、対応を考慮します。

◆講義・教育プログラムについて◆

かつて行っておりました講義・ロビイスト養成プログラム等の教育プログラムに関する問い合わせも多数ありますが、今後開催予定は一切ありませんので、ご了承下さい。

但し、個別や少数対象指導は、内容や希望者を選考の上、開催の可能性はあります。

◆メディア関係者の皆様へ◆

活動休止中も、テレビ出演や新聞、雑誌インタビュー及び出版等の依頼を頂戴し、全て一つの例外なく、お断りしていました。現在も、基本方針に変更はありませんが、若干の柔軟性を考えております。依頼を個別に検討し、回答します。

◆記述・意見引用について◆

インタビューはお断りしたにも関わらず、弊社代表の意見やメルマガ上にて開示された情報などが無断にて引用される事例を多々見掛け、危惧しています。テレビでのてコメンテーターによる発言も、明らかに弊社代表の特異な意見、言葉回しを無断使用される場面を何度も目撃しています。

それは問題ですので、絶対にお止め下さい。

どうしても引用が必要な場合は、必ず当社へ許可を取り、情報源を明示して頂きますようお願い申し上げます。

更新履歴